■金繕い
■修復方法
 ■ガラス製品の修復例
 ■竹の茶合(茶則)の修復例
 ■薩摩焼水鳥置物の修復例
■修復作業期間
■修復費用
■修復後のメンテナンス
■修復歴
 株式会社 花匠
 東京都文京区
  本駒込 
 6-15-2-202
 お問い合わせ

ガラス製品の修復例
 足台の欠損部の修復に際しては、  まず直角に固定するための枠づくりから始めました。
  わずでもずれて、固定してしまうと、使用する際に、
 ぐらつくためです。
 また、この修復箇所の強度を上げるために、
 下に広がる形で修復しました。 

 

修復前

枠に固定して修復

   
 

修復箇所

(下側を広げて固定)

 

修復後



copyright(c) 2008 kasyo